2007年2月 1日 (木)

月光浴日和

 日本海側は雪のところが多いようですが、ここ浦和は月明かりが強く、明るく、絶好の月光浴日和。
 パワーストーンをお持ちの皆さん、今夜は一時間でもいいから、月明かりで”石”を浄化してあげてくださいね。

 本当は明日が満月。でも今夜は満ちていく月ですし、なんせ綺麗な月ですから・・・

 今夜、明日の夜と連続して浄化すると、きっと力がよみがえる。どころかとてつもなく力強くなることでしょう。

 プログラムをし直したい方はなおさらです。連日での浄化をお勧めします。

 さて、私も持っている石達すべてをベランダの手すりに並べましょう。

鉱物図鑑 パワーストーン百科全書331―先達が語る鉱物にまつわる叡智 Book 鉱物図鑑 パワーストーン百科全書331―先達が語る鉱物にまつわる叡智

著者:志村 幸蔵,八川 シズエ
販売元:ファーブル館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (39) | トラックバック (1)

2006年12月 4日 (月)

月光浴

 パワーストーンをお持ちの皆さん!!

 今夜・明日の夜あたりは、月光浴日和!

 今年最後の満月ですよ!

 月のパワーを頂きましょう!

 直接、月の光が当たらなくても、

 石を表に出して、柔らかな月明かりのシャワーを当ててあげましょう。

 帰宅したら、私も手持ちの石たちをすべてベランダに!

 ブレスレットたち、水晶クラスター、水晶のワンド、アメジストのワンド、
 スモーキー・クオーツのポイント。

 今年もお世話になりました。

 エネルギーを充分に吸収してもらえるように、

 ちょっと長めに(3~4時間)出しておきましょう。

 箪笥の奥にグリッティングしている、シトリンのクラスターも忘れないようにしなければ!

誰も書かなかった!!水晶の秘密―幸運のパワーストーン Book 誰も書かなかった!!水晶の秘密―幸運のパワーストーン

著者:塚田 眞弘
販売元:コスモトゥーワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 5日 (日)

月光浴

 パワーストーンを持っている皆さん!!
 今夜は絶好の月光浴日和!
 綺麗な満月です。
 石が力をよみがえらせます。
 大切な石を、月明かりで浄化してあげてくださいね。

 いつも”石”でお世話になっている、伊豆のSさん。
 先週は、山梨の山に入り、水晶を切り出したそうな・・・
 しかし・・・

 「いやー、吉田さん、地球が変だよ。自然が変なのかな?石もね、いいのが取れないし、波動がなんかね・・・手に吸い付いてこないんだよね・・・」

 う~ん、このところ毎年、異常気象って言葉を聞かない年はないですからね。
 地球上のいろんなところで、”変”なことが・・・

 そうそう、しばらく前、以前のブログに書きましたが、アラスカ北極圏の小さな集落、「シシュマレフ」は、北極海に面しているのですが、2009年までに、内陸へ移動しなくてはならないそうです。

 そんなことが、地球を支えている”石”に反映してしまっているのでしょうか?

 さて、そんな不思議なSさんのお勧めの”石”は、なんといっても、「トルマリン」。
 とくに、体調が不調の方には効果的。
 たしかに、見た目には、洒落た石じゃありません。
 が、・・・ぜひお試しあれ!!

 私に作っていただいてる、「健康ブレス」も、トルマリン&へマタイトがメインです。このブレス、敏感な人は、波動を感じすぎて、身につけると、ビリビリするそうです。(私はそれほど感じませんが、このブレスを重ねて付けると、始めのうちは、ちょっとピリピリしました。)

 Sさん自身も波動をコントロールできる方ですから、その力たるや!!

 やたらと、パワーストーン流行っていますが、やはり”本物”を身につけてもらいたいですね。
 それに、持ったからには、”石”をちゃんと育てて欲しいです。
 浄化・プログラム・・・このくらいはしないとね。

クリスタルヒーリング―永い眠りからさめた自然石が人間を癒してくれる Book クリスタルヒーリング―永い眠りからさめた自然石が人間を癒してくれる

著者:リズ シンプソン
販売元:産調出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 

イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する Book イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する

著者:星野 道夫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 シシュマレフから始まった、星野道夫のアラスカ。
 この人の生き様に接するにつけ、自然に対する憧れと、離れているにもかかわらず、自然の厳しさに、触れることへの不安感が湧き上がります。
 1996年に熊に襲われて亡くなってしまいましたが、彼はそんな死に様に満足したのでは・・・いや、そんな死を望み、予感していたのでは??
 なんて感じてしまいます。
 星野道夫の本は、何度も読み直してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)