« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

バレエ

 ベジャールの作品を観てきました。

 久しぶりの舞台。
 東京文化会館です。

 意思を持つ体。
 意思を持つ動き。

 言葉にならない・・なにか・・・が伝わります。
 言葉にするなら詩になるものなのか・・
 いえ、あえて言葉を選ばない表現。
 言葉を超える表現。

 美に接していないといけませんね。

 美術館にもめったに行かなくなっています。
 (その絵のある空間で時間を過ごしたくなるのですが)

 舞踊は、その一時の芸術。
 何回も公演を重ねても、観る側も、演じる側も、常に初日。

 あとに残らない芸術です。
 一期一会。

 もし、次の人生があっても、もう一度、踊るだろうと思いますよ。

生誕80年記念 ベジャール! DVD 生誕80年記念 ベジャール!

販売元:アイ・ヴィー・シー
発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する



 

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年1月25日 (木)

アロマバス

 一昨日、アロマバスにしました。
 って、アロマバスは、我が家にとっては特別のことじゃないのですが、私の風邪の具合が今ひとつ抜けないので、いつもより大量の精油を使って試したのです。

 ラベンダー(10滴)、ティートリー(15滴)、ユーカリ・グロブルス(5滴)!!

 沖縄の塩を10gに上記の精油を落とし、お湯に放します。

 驚いてしまったのは、お湯に浸かってものの2~3分で鼻の通りが良くなってきます。

 ティートリー、ユーカリともトップノートで蒸散性が高いので、深く呼吸すると、鼻から胸にかけて、すーっと清涼な感覚があります。内側を洗うような感じデスね。

 手軽に出来るアロマバス。
 その効果は、予想を上回るものです。

 アロマセラピーを身近にしたい方には、是非お勧めの方法です。

 お試しあれ!!

 お陰で、この翌日からは、調子が上向き!
 戻ってきましたよ。

医師が認めたアロマセラピーの効力―「精油」を嗅ぐ、塗る、飲む…なぜ、さまざまな病気に効くのか Book 医師が認めたアロマセラピーの効力―「精油」を嗅ぐ、塗る、飲む…なぜ、さまざまな病気に効くのか

著者:川端 一永
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

続く不調

 体調不良でアクアはキツイ!
 昨日・今日は一本。両方ともアクアなのです。
 こんなときに、マイクの調子まで悪く、インカムが使えません。

 動きも声も抑え目。でもメンバーにはシラケさせるようなことしたらアカン。
 つらいところ。

 年に何回かこういうことがあります。
 でも今年はスタートで腰をやってしまい、今はこの消耗性疾患。

 暑いのに寒い。
 汗びっしょりなのに寒いプールサイド・・・

 コレを乗り切るために、ティートリー、ユーカリ(ラディアータ)、ラベンダーに活躍してもらっています。
 そのほかにも、マヌカの蜂蜜君も。

 わが身が実験材料です。
 コレから再び、マヌカの蜂蜜にティートリーを2滴落として、お茶に入れて飲みましょう。

医師がすすめるアロマセラピー―花粉症、ぜんそく、肥満、自律神経失調症、皮膚病、月経痛に効く Book 医師がすすめるアロマセラピー―花粉症、ぜんそく、肥満、自律神経失調症、皮膚病、月経痛に効く

著者:川端 一永,日本アロマセラピー学会
販売元:マキノ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

風邪かな?

 一昨日くらいから、調子が悪い・・・
 久々の風邪かも??

 金柑を買って、ティートリーを喉。デコルテにぬり、とっとと寝ましたが、本調子とはいえません。

 さて、三回目のトリートメントをしたNさんですが、肌のトーンが変わってきました。
 あまりの変化に、驚かせられることがしばしばあるのですが、Nさんの変化もビックリです。

 蕁麻疹の痕は薄くなっていますし、肌の乾燥も改善されてきました。アトピーの痕の黒ずみが取れてくるといいですね。からだの痛みもなくなったそうです。

 たった3回のトリートメント!!
 アロマセラピーってすごい!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月18日 (木)

パシィフィコ横浜

 友達というか、後輩というか、同業者のトール君と、パシィフィコ横浜の「総合医療展2007」っというのに行ってきました。
 トール君とは、我が家の娘達が、年少さんの頃からの付き合い。トール君はまだ、20歳くらいだったかな??ということは、もう15年をこえる付き合いです。

 さて、総合医療展は、サプリメント、血管造影機材、スキンケア製品、フィットネス関連機材などのブースが出ていて、アロマセラピー・ハーブ関連の出店もありました。

 とある有名なエッセンシャル・オイルを提供しているブースがあり、オイル・リスト、価格表が欲しくて見回していましたが、残念ながらそのようなものはありませんでした。
 ブースについている人は、おしゃべりに忙しく、覗いているこちらには目もくれません。
 「あ~ぁ、いいベンダーなのにな・・・印象バッド。やっぱり『プラナロム』がいいね。」

 面白いブースを発見!
 ウェットゾーンです。プールに機材をいれ、水中でのトレーニングですね。水中歩行をしているような方々には、変化があっていいでしょう。それに歩行という運動とはまた別の運動による筋肉の多様性を養えるでしょう。・・・お金のコトは度外視してみているんですよ。

 スキンケアのあるブースでは、ハンド・トリートメントの”お試し”をやっていました。
 「おッ、トール、俺コレやってもらう。待ってて。」
 「ダンナ(トールは私をこう呼びます)オレもやってもらいます。」って隣の椅子に座ります。
 すると、トールを担当するスタッフが、私のタグを見るなり、
 「綺麗塾って、私なんかで見た。」
 「いやぁ、小ぢんまりやっていますから・・・」
 「サイトありますよねぇ、そーだ。」
 「あー、いちようブログを。」

 そして、手の施術。
 う~ん、タッチが軽すぎる・・けどこんな場所じゃ、こんなもんかなぁ。
 ようは、今手にのせている保湿ジェル!!
 ジェルにしては軽いしべたつきなし。
 香りが少し強いかも・・・

 右手は水分量が満ちました。

 すべてのブースを一時間半くらいで見回しました。
 いろんな会社があるものです。
 たまにはこういう所に出向いて全身から情報を仕入れないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月13日 (土)

ランニング・クリニック

 秋田の実家から、「楢岡焼き」のカップを二組送ってもらいました。

 大晦日にお袋が妹の家に泊まりに来たのですが、その時何気なく、

 「楢岡焼きもコーヒーカップが欲しいけれど、ケッコウいい値段だからなぁ・・。」

 って言ったのを覚えていてくれたのですね。

 深い色合いがいいですね。

 ありがとう。コーヒーが、また一味楽しめるというものです。


 さて、一昨日になりますが、マラソンをしているNさんのランニング・クリニックをしました。4月のレース(霞ヶ浦)では、3時間50分を切るつもりではいますが、どうやら今までに、フォームのチェックや怪我をしないためのトレーニング・・というものを受けたことがないようです。

 私がとりたてて走る人じゃないことも知っていますから、半信半疑???

 ただ、私はかつて、日本を代表する中距離ランナーと一緒に走る機会があり(トレーニングとして)色々なトレーニング方法を教えてもらいました。

 「走る」という、非常に単調な動作だからこそ、上手い・下手があるのですね。また、上手い人と走ると、自分も引き上げられて、1ランクも2ランクも上の走りが出来るのです。


 Nさんは、ただ単に、「ダッシュをたくさんやるのかな。」って思っていたようですが、さにあらず。

 「走る」をいろいろに分解し、怪我のリスクを取り除くトレーニングです。

 長い距離・長い時間の単一動作ですから、弱いポイントでの疲労性の障害が発生しやすくなるのは当然です。ですから、動きを分解し、一つ一つをデフォルメーションして確認するように動くだけで、走るという動作に対して感覚が鋭くなります。

 1時間のトレーニングは、マラソンを目指す人には短めかもしれませんが、意識の外にあった動きをしたものですから、ろくに走っていないのに、かなりきつそうなNさんでした。

 今年のニューヨーク・シティー・マラソンでは、3時間30分をきること目標に頑張ることにしました。

 ピラティス、ランニング・クリニック、トリートメントの組み合わせです。

 あっ、そうそう、Nさん、トリートメントの後は、肌の調子がいいようで、10日たっても、「いい感じ。」らしいですよ。やはり全身の循環がよくなると、顔の調子も良くなって当然?!

女性によく効くアロマセラピー―産婦人科ドクターが教える体と心のセルフケア Book 女性によく効くアロマセラピー―産婦人科ドクターが教える体と心のセルフケア

著者:鮫島 浩二
販売元:主婦の友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

Nさんのトリートメント(1)

 Nさんのトリートメント、2回目です。

 実は前回、最初のトリートメントをした夜、反応が出たそうです。
 アトピーが出ている前腕の内側と脚が痒くなり、発疹も出てやや熱を持ったようになったそうです。少し冷やして、ようやく落ち着いたそうです。

 Nさんは、以前、玉川温泉に2度ほど湯治に行ったことがあるそうです。
 玉川温泉は、欧米でもよく知られている、治療効果の高い温泉です。
 私も一度行ったことがありますが、酸が強く、健康な皮膚にもチクチクと刺激が来ます。

 その時、Nさんは痛みに耐えてお湯に入ったそうですが、噴出すような発疹で体中がボコボコになるほどで、二日目はお湯に入ることが出来ず、岩盤浴をしていたそうです。

 そんなNさんは、トリートメントで反応が出たとき、
 「コレは本物!」って思ったそうです。

 そうは言っても、やはり慎重になってしまいますね。
 私がよく相談をする、佐藤先生にも状況を説明し、トリートメントの方針を再確認します。

 前回のトリートメントから大きな転換はありません。
 ボディータッチは柔らかいストローク中心。
 マッサージオイルの濃度をやや薄く設定しました。

 今回も深いリラックスとからだの痛みが取れたことで、満足感のあるものだったそうです。
 トリートメントのあと、ハーブティーを飲みながら話をして、精油を2種類(マンダリン、ラベンダー・アングスティフォリア)と、ラベンダー・ウォーターを購入し、自宅でも芳香浴、アロマバスが出来るようにする事にしました。

 将来的にはセルフトリートメントが出来るように・・・
 これから、月2回のペースでトリートメントを継続して行きます。
 その過程で、Nさんが、アロマセラピーにドンドン興味を持っていただけるといいですね。

医師がすすめるアロマセラピー―花粉症、ぜんそく、肥満、自律神経失調症、皮膚病、月経痛に効く Book 医師がすすめるアロマセラピー―花粉症、ぜんそく、肥満、自律神経失調症、皮膚病、月経痛に効く

著者:川端 一永,日本アロマセラピー学会
販売元:マキノ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

玉川温泉で難病を克服する法―食と心と驚異の温泉療法ガイド Book 玉川温泉で難病を克服する法―食と心と驚異の温泉療法ガイド

著者:安陪 常正
販売元:民事法研究会
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年1月 6日 (土)

本格稼動

 昨日から、普通にクラスが始まりました。
 アクアにローインパクトが2本。
 スタートにはちょっと厳しいメニューじゃありませんか。

 昨年末、大掃除も終盤にさしかかり、階段から滑り落ちた私の腰は、
 2箇所、ジンジンと・・・寝返りも一昨日からようやく出来るようになったような次第です。

 ちゃんとレッスン出来るかなぁ・・・
 なんて思っていましたが、やはり痛さは来ますねぇ。

 ごまかしながら、今年最初のレッスンをやってきました。

 でも、アロマセラピーを知っていてよかったですよ。
 自分でトリートメントをしていましたが、コレ、もし何にも知らなかったら、
 病院は休みだし、薬局で湿布でも買うしかありませんものね。

 鎮痛効果のあるもの、筋肉を軟化させる効果のあるもの、
 鎮静効果のあるもの、水分調整効果のあるもの・・・

 自分で、精油の特性を考え、組み合わせ、一日に二回くらいずつトリートメントをしていました。
 SAYAKAさんにもヒーリングをしてもらっていましたから、
 「どうよ?」ってきかれると、
 「う~ん、良くなってきた。」って答えていますが、実は一番きつかったのは、2日。
 昨日は無理やり身体を動かしたのが良かったのか、かなり楽です。

 身体を壊すと、あっという間に不細工な身体になってしまいすね。
 身体に力が入らず、コアといいディスプレーしている筋肉といい、すべてコントロールが曖昧。

 さて、体創りも振り出しに戻る!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 4日 (木)

仕事始め

 今年の仕事始めは、昨日でした。
 (そして今日はまたお休み。明日から本格稼動です。)

 トリートメントが、2件。

 両方とも「N」さんですね。

 最初のNさんは、婦人科系の悩みと、アトピーについての悩みがあり、昨年末にこのブログでも紹介をしました。
 秋田の佐藤先生にも相談をして、色々と考えてのトリートメントです。

 カウンセリングは、メールでも、話し合いでもしていましたので、肌の状態をみて、私の選んだ精油の香りを試してもらいます。

 肌はやはり乾燥しています。そして動物性蛋白を摂っていないせいか、実際の年齢よりも、張りがありません。肘・手の甲などに、ひどくはありませんが、アトピーが出ています。

 精油は・・・クラリセージ、ラベンダー、フランキンセンス、ゼラニウムを選びました。
 キャリアオイルは、佐藤先生のアドバイスに従って、マカデミアンです。

 トリートメントは、ストロークを主とし、強い刺激はなるべくおさえて行いました。大腿部には、蕁麻疹の痕がパラパラとあります。

 全身を約110分かけて行いました。

 トリートメント後、ハーブティーを飲みながら感想と今後のコトを話しましたが、何よりも、アロマセラピーについての印象が変わったとのコト。
 やはり実体験しないと分からないですよね。
 笑顔が途切れず、Nさんによると、「幸せを感じる・・」ということです。
 これは、クラリセージに反応でしょうね。この精油は多幸感・高揚感も与えてくれますから。
 そして、お腹の辺りから温かさを感じるそうです。
 トリートメント前にあった、方の痛みもすっかり取れているそうです。
 今までになく、体全体が、軽く感じられたそうです。

 今後は、アロマセラピーのトリートメントを続け、家でも少しずつ、部分浴・芳香浴などから試してみたいとのコト。
 今まで通っていた漢方の治療院の方は、暫しお休み・・・両方に行っていると、効果が出ても、どちらの影響かがわからなくなるため。

 食事に関しても、ちょっと変えてみるようです。やめていた動物性蛋白。乳製品から試してみようと、帰りがけに、質のいい、チーズ・ヨーグルトを買ってみるそうです。(以前は摂っていた時期もあるそうです。Nさん自身は大好き。とのこと。)

 次回は、8日(月曜日)。アロマセラピーは、ドラスティックな変化もありえますから、今度お会いするのが楽しみです。

 もう一人のNさんは、ランナーです。昨年11月のニューヨーク・シティー・マラソンにでて、自己ベストを更新。2月には、青梅マラソンを走ります。

 って、こいつは、元日と二日に走りこんだそうで、(二日はハーフを・・・)ストレッチもろくにやらず、「どうせトリートメントしてもらうから・・・」っていう、アスリートにあるまじき心構えで来てくれました。

 こういった輩には、もちろん身体は楽にしてやりますが、心根も”ピシ”っとするようなトリートメントをすることが重要です。

 パーツのトリートメントは何度か体験していますが、フルボディーは初めてです。そう、走る人ですから、もっぱら足・脚になってしまうのですね。
 ですが、シッカリしたフォームを保つためには、当然、上半身の、特に姿勢を保つ筋肉が重要です。脊柱起立筋、広背筋、僧帽筋、頭板状筋、頚板状筋、腹直筋など。
 また、リズミカルな腕の振りのための三角筋。呼吸のための肋間筋。

 精油は・・・レモン、ローズウッド、ジュニパーベリー、ローズマリー。
 キャリアオイルは、アーモンド・スウィートとココナッツのブレンドです。

 足から始めたのですが、やはり心がけのせいか、何処をさわっても、「痛いです、イタタタ・・」
 とんでもなく優しいストロークなのに、何を言ってるのでしょうか!!
 おまけに、
 「明日、走ってもいいですよね。」
 「もちろん大丈夫だよ。」
 「その後、飲みに行ってもいいですか?」
 「そりゃ、いいけど。」
 「今日もこの後、飲みに・・・」
 「あ~ん!!疲れた体をメンテナンスしにきたんでしょ!!」
 そして、リンパにチョット強い刺激をいれて差し上げるのです。
 「痛いですったら~」

 終了後、はいてきたジーンズにゆとりを感じたようです。
 このNさんも、心を入れなおし、ストレッチの指導とトリートメントを受けるということになりました。きっと今頃、走っていることでしょう。(多分軽く感じているはず。)


フランス発 アロマセラピーバイブル―日本のメディカルアロマセラピーはこの一冊ですべてわかる Book フランス発 アロマセラピーバイブル―日本のメディカルアロマセラピーはこの一冊ですべてわかる

著者:ロドルフ バルツ
販売元:産調出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月 2日 (火)

2007年

 新しい年の始まり。
 今年も宜しく。

 さて、どんな年になりますか・・・

 とにかく最近は、アロマセラピーが面白くて(興味が尽きませんね)。もっと学びたいですね。

 オリジナリティーのあるプログラムも開発したいです。
 ヨガ、ピラティス。アロマセラピーやハーブの効果をどのような形で融合させようか???

 ところで私は、30日、大掃除の真っ最中に家の階段から滑り落ち、左の腰を強打!! 
 久々の衝撃!痛いっす!!
 随分前に、あるマンションの非常階段で転んで、救急病院に行ったことがありました。その時も骨折こそはしていませんでしたが、腰に釘を刺したような痛みが一月も続きました。

 今回で左右のバランスが取れるってモンデす。

 ただ、今回は、アロマセラピーってものを味方に付けていますから、アロマバスとトリートメントで、何とか素早い回復を・・・

 ちなみに使っている精油は・・・
 バーチ、サイプレス、レモン、ラベンダー・・あたりを使います。

 プラス、SAYAKAさんのヒーリングを受けています。

 昨夜は二回目のヒーリングでしたが、始まってすぐに身体を動かされ、自分で自分の調整を取るような動きをズーッと30分間も・・・無意識ですよ!

 そんなこんなで、今回のこの怪我、自分でも回復していく過程をよく観察してみようと思います。経過はこのブログでもお知らせしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »