« 月光浴 | トップページ | COCOの独り言 »

2006年12月 7日 (木)

インナーマッスル

 午後のピラティスは、プライベート・レッスン。

 水泳や、ウエイト・トレーニングで鍛えた身体はアウターマッスルが当然発達していて、インナーマッスルを使う・・そういう感覚が拾えません。

 このような方は、インナーマッスルを使う感覚をつかむまで、やればやるほど、ただのアブワークになってしまう可能性があります。

 身体をディスプレーしている外側の筋肉の感覚が強くなっていますからね。

 運動の内容ではなく、動きを読んで動作をコピーするのですよ。

 動作は見えるけれど、身体の中身・・使い方は見えませんからね。

 自分自身の感覚を研ぎ澄ますことです。

 感じて、考えることです。

 身体とお話しすることです。

 身体に聞いて、そして身体に伝えるのです。

 筋肉をボリュームのある塊だと思わず。

 細い「糸」だと感じ、「糸」の張りの張力を調整して身体を動かす感覚です。

 「糸」は、撓めることなく、常に張りを持ち、コントロールされているのです。

 自分の身体を自分自身がコントロールする・・・

 そんなことは、当然出来てる・・・そうですか?本当にコントロールしてますか?

 一つ一つの動作が、どのような形で空間に存在しているか、『見えていますか?』

 あらゆる角度からカメラで撮られているとして、自分の身体を形を第三者の目で見たように、理解できるか・・・

 ピラティスは、プロポーションを創ります。

 でも、”美”というものは奥行きがあり、形だけではなく、”動作”とした場合、「所作」、あるいは、「さばき」・・・私はこのような言葉が大好きです。『手さばき・足さばき・体さばき』

 ・・・自然に綺麗な動作が繰り出せるようになると、それは『品』になると考えます。
 品のある動き・・・動きから感じさせる、「上品」ですね。

 で、この”上品”に磨きをかけると『格』が出て、『品格』となります。

 当然、「上品」とか、「品格」を感じさせるためには、身体だけにこだわっても不足でしょう。

 知性や感性も、見え隠れするようでなければ・・・

 長そうに見える道のりですが、そうでもないように思えます。

 ”変化する過程も楽しむ”・・それが、加速を生むと思います。

 
 

|

« 月光浴 | トップページ | COCOの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166751/4452612

この記事へのトラックバック一覧です: インナーマッスル:

» アシックスの「肩バランスアップアンダー」でインナーマッスル強化 [アシックスの「肩バランスアップアンダー」でインナーマッスル強化]
asics(アシックス)が発売したインナーマッスル強化シャツとは。アシックスの肩バランスアップアンダーでインナーマッスルを鍛えよう。インナーマッスル強化で姿勢を良くし、ダイエット効果も。... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 22時00分

« 月光浴 | トップページ | COCOの独り言 »