« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月25日 (月)

Nさんの相談(2)

 これまでの相談を、ズーッとメールばかりでやり取りしていたのですが、昨日、わずかな時間でしたが、お会いしてお話をすることが出来ました。

 年明けそうそうに、トリートメントをすることになりました。
 Nさん自身、アロマセラピーに興味がわいているようです。

 アロマセラピーは、多くの方が知っています。ただしそれは、単なるイメージで、実体験すると、大きな違いが分かることでしょう。

 Nさんにも、ドラスティックな変化が訪れるように、今からトリートメントの方針を考えています。
 Nさんは、この夏に、お父様を亡くされたそうで、そのことでも心理的ショックを拭いきれていません。
 このような、喪失感、虚脱感などにも助けとなる精油はあります。

 これは、精油に含まれる成分・・ということもありますが、ご自身が、「この香りが好き!」という精油が見つかると、その精油は、リラックスにもリフレッシュにも、精神のバランスをとるものになります。

 そのような「香り」を身近においておくと、たとえ大きく気持ちが乱れるようなことがあっても、時間をかけずに平静を取り戻すことが出来ますし、また、集中することも出来ます。

 Nさんは、アロマセラピーがまったく始めてのコトでしょうから、我が家の精油たちの香りの中から、「コレ!」というもとであえるといいですね。

 そうそう、このように、たくさんの精油を試すときなどは、鼻の感覚が”ボケ”てしまうでしょう?3~4種なら何とかなりそうですが、それ以上になると・・・
 こんなとき、シルクとかウールの生地(ハンカチなど)を持っているといいですよ。
 それらの生地を鼻のすぐ側にもっていき、生地を通して空気を吸い込むのです。すると鼻の感覚がクリアになります。

 まず最初は、Nさんに、心地よく楽しんでもらうようにしようと思います。
 そして、一回目のトリートメントから、確かな効果を感じてもらえるように・・・

医師が認めたアロマセラピーの効力―「精油」を嗅ぐ、塗る、飲む…なぜ、さまざまな病気に効くのか Book 医師が認めたアロマセラピーの効力―「精油」を嗅ぐ、塗る、飲む…なぜ、さまざまな病気に効くのか

著者:川端 一永
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月17日 (日)

Nさんからの相談

 週に一回、私のエアロビクスに参加していただいている、Nさんからの、「悩み相談」です。

 Nさんの悩み。
 赤ちゃんの頃からアトピーがひどく、20歳位まで、ステロイド剤を使用。
 生理不順と生理痛がひどくなり、病院へ行ったところ、「無排卵月経」と診断され、排卵誘発剤の投与を勧められる。

 漢方・整体などの自然療法での治療を選択しますが、この頃は、顔・頭皮・体中からリンパ液が浸潤。蕁麻疹も出るようになります。運動しても汗が出ません。ひどい痒みに、強い痒み止めも使用。
 この頃の生理の周期は2週間。
 ひどい肩凝りで右半身が疼く。背中の痛みもひどい。

 現在は、漢方・整体の治療院で指導を受けている。
 食事・・野菜、蕎麦、青魚、豆類、発酵食品。
   NG・・白米、砂糖、乳製品、肉、油脂。
 漢方・針・整体・指圧・吸引の治療。

 アトピーはやや改善。
 子宮」内膜症、卵巣膿腫あり。手術しても再発するため、手術はギリギリまでのばす。
 現在、生理は25日周期。

 履歴を書いていてもつらくなりますね。
 今、つらいのは、婦人科系ということです。
 食事はかなりストイックですが、良質なサプリメントを加えてみてはどうでしょう。

 Nさんの場合、婦人科系が一番つらいということですから、マルチ・カルチノイドの充実したものがいいのでは・・・
 カロチノイド・・・ルティン、ゼアキサンチン、リコピン、アスタキサンチン、βカロチン、αカロチンなど。これらは、抗酸化力が非常に強く、また、子宮・卵巣・卵管などに必要な栄養素です。また、そういった組織をきれいにする働きがあります。
 食品で言うと、緑黄色野菜(ケール、メキャベツ、ブロッコリー、トマト、スイカ、赤い魚【アスタキサンチン】(鮭・マス・蟹・海老)に多く含まれます。
 試してみる価値はあると思います。

 アロマセラピーでは・・・
 アトピーの症状を軽減・改善することが出来るでしょう。
 痒み、皮膚の乾燥・ダメージを改善する精油は・・
 ティートリー・・(強力な殺菌力を持ち、免疫力を向上させます。痒みも止めます。強めて安全。抗酸化力にも優れています。)
 ラベンダー・スーパー・・(瘢痕形成に優れています。鎮静効果もあります。)
 カモミール・ジャーマン・・(抗炎症効果が高く、心理的には複雑なストレスを鎮めます。)

 生理不順や生理痛に効果のある精油は・・・
 ラベンダー、クラリセージ、スウィート・マージョラム、フランキンセンスなど。

 Nさんの場合、上質なサプリメントを加え、さらにリラクゼーションをしながら、上記二つの症状を緩和するようなブレンドでのトリートメントがいいのではないでしょうか。
 トリートメント以外にも、お風呂に使ったり、香りを拡散するだけでも、効果を期待できます。
 香りというファクターを生活に加えると、豊かさも実感することでしょう。(最初は3~4種類で充分。)
 また、ヨガやピラティスなどのエクササイズも、エアロビクスを継続する上で、とても助けになると思います。(バレエを経験しているあなたにはなおさらです。)これらのエクササイズは、御存知の通り、呼吸と密接に結びついています。
 ですから、自律神経(交感神経と副交感神経のスウィッチ)を整えますし、免疫力も向上します。

 いかがでしょう?
 御質問などありましたら、ぜひどうぞ。

医師がすすめるアロマセラピー―花粉症、ぜんそく、肥満、自律神経失調症、皮膚病、月経痛に効く Book 医師がすすめるアロマセラピー―花粉症、ぜんそく、肥満、自律神経失調症、皮膚病、月経痛に効く

著者:川端 一永,日本アロマセラピー学会
販売元:マキノ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 

| | コメント (16) | トラックバック (8)

2006年12月16日 (土)

フローラル・ウォーター

 昨日は、お昼のアクアと夜のエアロビクス(2本)の合間に、ヒーリングを受けました。
 そのせいでしょうか、夜のエアロビクス、両方のクラスで、とんでもなく汗をかきました。(べたつかない、さらさらした汗です。)多分、調整されたんだと思うのですが・・・不思議です。

 ローズマリー・ウォーターを試しています。
 とかく精油ばかりに目がいってしまいますが、今年はフローラル・ウォーターを使っています。今までに使ったものは、ローズ・ウォーター、ラベンダー・ウォーター、ネロリ・ウォーター。

 まぁ、家族で使うので、500mlのボトルで取り寄せるのです。

 もっと早く始めなくてはいけませんでしたよ。

 そもそもの動機は、「良い」とされる化粧品でも、多くのケミカルが混入されているのは周知の事実。
 フローラル・ウォーターは、水蒸気蒸留法で精油を抽出する際の副産物ですよね。
 精油には、もちろんケミカルの混入は許されません。ですから当然、フローラル・ウォーターもケミカルは入らないのですね。そして、植物の有効な成分が溶け込むのですから、『ヘンな』そこそこの値段の化粧水を使うより、安心&安全。そして、それらの植物の香りも楽しめるのです。

 現在では、蒸留の過程として生まれるフローラル・ウォーターだけではなく、フローラル・ウォーターを作ることそのものを目的としているベンダーもあります。

 さて、今まで使ったフローラル・ウォーターの感想を・・・

 ○ローズ・ウォーター(Rosa damascena/ブルガリア/抽出部位:花)

 精油はとても高価です。香りの女王と言われるのに相応しく、身体的にも精神的にもインパクトがあります。特に女性には、心に訴えるものがあるようですね。
 ローズ・ウォーターは、この高価でチョット手が出にくい香りを、非常に手ごろな価格で使え、その精油の持つ整肌作用を味わうことが出来るのです。
 フローラルで上品な香り。押し付けがましさは感じられず、精油よりソフトな感じ。
 このフローラル・ウォーターの効果を充分に得るには、コットンにたっぷりと取り、瞼に10~15分くらいのせておきましょう。目の疲れが取れると同時に、栄養が行き届きにくい目の周りに有効成分が浸透し、ふっくらと張りのある肌を取りもどせます。
 香りは、確かに女性向ですね。生意気盛りの我が家の娘達が大好きです。

 ○ラベンダー・ウォーター(Lavandula angustifolia/イギリス/抽出部位:花)

 上品さと清潔感を感じさせる香りは、精油と同じです。ラベンダーは、万能薬のような精油ですよね。フローラル・ウォーターにもその作用は薄いとはいえ含まれます。このフローラル・ウォーターを使っていた次期、娘はニキビが気になっていたのですが、時間をかけずに落ち着かせることが出来ました。
  この香りは、男性にも受け入れられるのではないかと思います。
 男女関係無く、オイリー・スキンの方は、水分の補給が大切です。このようなフローラル・ウォーターをたっぷり取ることが改善に向けていい効果を出すでしょう。

 ○ネロリ・ウォーター(Citrus aurantium var.amara/スペイン/抽出部位:花)

 このフローラル・ウォーターはお勧め。なぜなら、ネロリという精油には水溶性の有機物が他の精油と比べると、沢山入っているからです。・・・ということは有効成分をふんだんに含むということですね。ネロリも整肌作用のある精油。そして心理的にも鎮静効果・高揚効果をあわせ持つ精油。ミカン科の爽やかさと、フローラルな香りの両方をあわせ持っています。ローズ同様、非常に高価な精油ですね。それがフローラル・ウォーターだと、気にかけずに使えます。
 ローズと比べると、爽やかさ、スッキリ感が大きいです。夏向きに感じますね。

 ○ローズマリー・ウォーター(Rosmarinus officinalis/スペイン/根以外)

 まだ使い始めて4日目。これはいいですよ。浸透性が一番いいですね。スーっと肌に入ります。香りはカンファー。
 精油は取れる場所により、効果も幅が出ますが、ローズマリーとして共通していえることは、記憶・集中、殺菌作用、整肌作用、生体リズム調整などなど・・
 この香りは男性もOK!顔をあたった後などは特にいいでしょうね。スッキリ・爽やかです。是非お試しあれ!!

 我が家のお嬢たちの人気投票。
 栄えある一位は・・・・ローズ・ウォーター。

 私の一位はローズマリー・ウォーター。

 そうそう、ウィッチヘーゼル・ウォーターも試しましたね。
 この香りは・・・焦げ臭い。だけど整肌作用があるのと、抗アレルギー作用があるので、トラブル肌の方や、アトピーのひどい方にはいいでしょう。ただし香りは・・良いとは言えませんね。

 次にはカモミール、ペパーミント、バーベナなどを試してみましょう。
 とにかく自分が実験台です。


エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375 Book エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375

著者:ジニー ローズ
販売元:BABジャパン出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月13日 (水)

俺がZIZI

 俺がZIZIだぜ。

 この家の女親分”SAYAKA”とか”サーチャン”とかいうヤツにダッコされてるんだ。

 この女親分は、俺が母ちゃんとポテポテ遊歩道を腹ヘリで歩いていたとき、母ちゃんがついていったんだ。そうしたら、この女親分は、銀色の皿に猫マンマをくれたんだ。

 それから、付き合ってあげてもいいかなーって、時々来てあげてたんだ。

 まぁ、そのたびに猫マンマは頂いていたんだけれど、コイツ等の家に入るなんてとんでもない!!

 だって、ボテボテの白猫が4匹もいるんだぜ!

 しかも、こいつ等、全然”野生”を棄てやがって、爪も牙も使ったことネェンじゃないか?

 ところで今は、この女親分が随分勧めるので、家に入ってあげてるんだ。まぁ、暖けぇしな。五月蝿せぇチビ猫がいるんだ。まったく!しつこいったらありゃしねぇ。コイツの遊びは、エンドレスさ。

 この間、そとでちょいと喧嘩を仕掛けたヤツがいて、俺は不覚にも右のケツの毛をむしられ、俺の手のひら(肉球)くらい皮膚もとられたんだ。イテェのなんの。

 そしたら、この家のオッサンが、なんか訳のわかんネェこと言って・・・

 「ティートリーとラベンダー塗っちゃえ。」って。

 それで、SAKIって女の子が俺を抱きかかえ、そのオッサンが、ベロっと剥けている傷口に、ポタって小瓶から、スゲー匂いのするヤツを落としやがんの!

 そいつがしみるのなんのって・・思わず身体を捩って飛び降りたんだ。それでもって傷を舐めたら、これまたスゲー味!!ケッケッ、踏んだり蹴ったりってこのことだろ。

 傷はスグに治ったぜ。やっぱり舐めて治すのが本筋さ。

 だけど、オッサンは、

 「猫にも効くに決まってンジャン。」

 なんて言ってる。まぁ、そういうことにしておいてやろう。

 そういやぁ、俺がこの家に来て間もない頃、俺の腹に虫がいる・・とかいって、この時もとんでもないものを舐めさせられたんだ。

 オッサンは・・・ティートリーとディルとか言ってたなぁ。

 確かに、下痢と腹痛はよくなったさ・・・

 あの茶色の小瓶はなんなんだ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

捻挫

 毎週金曜日、草加のクラブでの最終クラス。
 21:45スタートにも関わらず、沢山のメンバーに来ていただいています。

 その中に、サッカー(フットサル)をやっている男性がいます。

 先々週、スタジオの入り口で、
 「先生、オレ今日出れません。足首を捻挫しちゃって・・」
 「えー、いつやったの?チョット見せて。」

 うっすらと腫れていますね。
 痛みもあるそうです。

 私のディパックのポケットには、いつも6~8種類くらいの精油と、小分けにしているキャリア・オイルの小瓶が入っています。

 小型のディパックは、その時もいつものように、スタジオにも持ち込んでいましたから、
 「チョット待ってね。痛みだけでもとろうね。」
 「エッ、何やンの、何やンの。」

 手のひらに、キャリア・オイルを500円玉大落とし、その上に精油を加えます。
 この時の精油は・・・
 バーチ・スウィート
 サイプレス
 テートリー
 これらを、各一滴ずつ。

 「痛みと腫れ、引いてくると思うよ。すぐに洗い流さないで、少しの間、肌になじむように、圧迫しないでいいから、すりこむようにね。ちょっとあったかい感じがしてくると思うよ。」
 「あ、ありがとうございます。」
 「じゃ、クラス始まるから、治ったら来てね。」
 「ハイ。」

 そして、先週の金曜日。
 彼は、クラスには出られませんでした。
 ですが、

 「先生、あれスゴイですね。疼くような痛みは、すぐに取れて、その後も痛みは出ないんですよ。オレ、ビックリですよ。」
 「ネッ、アロマセラピーってすごいでしょ!」
 「来週は出れますから。」
 「まぁ、無理しないで完全に治しなよ。」

 持っていた精油が丁度良かったのですね。

 

『備えあれば憂いなし。』

医師が教えるアロマセラピー―自分で治せる!家庭でできる! Book 医師が教えるアロマセラピー―自分で治せる!家庭でできる!

著者:川端 一永,吉井 友季子
販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年12月 9日 (土)

COCOの独り言

 ベットの上だニャン。

 「COCO!!なにやってんだ!」

 SAKIちゃんの声だニャン。怒ってるニャ。

 エー、オイラはちょっと上の方に飛び乗っただけだニャン。

 箪笥の上には、キラキラ光る石の塊があるんだニャン。

 チョット前の満月の夜、この家のただ一匹のオスのオッサンが(オッサンは大抵オスだニャン)ベランダの手すりにゼーンブの石を並べて、

 「COCOニャ、お前も月光欲で浄化してもらうか?綺麗だね。」

 ニャンてこと言って、オイラの大好きな高くて眺めのいい場所を歩きにくくしたんだニャン。


 お皿に乗せてお月様の下に出していたのを、そのまま箪笥の上にのせていたのニャ。で、オイラがヒョイって箪笥に乗った途端、お皿がビックリして下に飛び降りたんだニャー。でもって、お皿は一枚だったのが、沢山に小さく分かれたのニャ。「ガッシャーン」って大げさな声だしてたニャ。それから、お皿に乗ってたキラキラの石も、一塊だったのが、キラキラ散ってったニャ。こっちは「ゴン」って言ってたニャ。

 SAKIちゃんはいきなりグーでゴンをしたのニャ。4発ニャ。

 オイラ耳を倒して一生懸命、「ゴメンなさい」のポーズをしたのに、まったく怒り始めたら、嵐がすぎるのを待つしかニャイ。

 そしたら、一階から、YURIちゃんも来たんニャ。YURIちゃんまで、

 「COCO!お前バカ!」

 で、パーでぺシってやられたんニャ。う~ん耳倒してンニャー。見ろ見ろニャー!!


 ニャンだい、オイラがつれてこられた頃は、こねくりこねくりしてたのニャ、「キャーワいい!」ってやってくれてたニョに。

 もっともオイラもその頃は、鼻が苦しくって、口で息してたんニャ。目からもニャミダがずーっとでてて、変な白い服着てるオッサンのところに何回もつれて行かれたんニャ。

 このオッサンもオスだったニャ。

 オイラは大きくなるのが早すぎるのニャ。そーイやSAKIちゃんは、オイラのコト、「メタボリックシンドローム」ニャンて言うけど、たしかにお腹はえぐれてないニャ。(SAKIちゃんも)

 この家の白ニャンコの姐さん達は四人もいるんニャけど、みんニャ、ぽっちゃりニャンコニャ。でも、姐さんのくせに、「おんな」を感じさせてくれニャイん。

 あと、ニャンコニャカマは、ZIZIって呼ばれる男ニャンコニャ。このニャンは雉トラで、オイラよりちょっと大きいだけニャのに、最近じゃぁ、オイラが遊びを仕掛けても(戦いゴッコ)「ウットーシー」って避けられるのニャ。

 ヘン、オンナニャンコみたいニャ声のくせして、顔と態度だけニヒルなのニャ。

 今日は雨降りで寒いニャ。

 オイラは二階のベットの部屋に隔離されてるニャ。他のニャンたちは一階にいるのに。皆はお仕事の邪魔をしないんニャと。

 今日のお仕事は、ニャンか、イッパイ匂いのする茶色い小瓶を使ってるニャ。SAKIちゃんが実験されてるらしいニャ。チューガクセーのくせして、セルライトだけは一チョ前ニャ。

 もうーこんな日は寝るしかニャイ。ふぁー。。。

 ご飯はまだニャ。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

インナーマッスル

 午後のピラティスは、プライベート・レッスン。

 水泳や、ウエイト・トレーニングで鍛えた身体はアウターマッスルが当然発達していて、インナーマッスルを使う・・そういう感覚が拾えません。

 このような方は、インナーマッスルを使う感覚をつかむまで、やればやるほど、ただのアブワークになってしまう可能性があります。

 身体をディスプレーしている外側の筋肉の感覚が強くなっていますからね。

 運動の内容ではなく、動きを読んで動作をコピーするのですよ。

 動作は見えるけれど、身体の中身・・使い方は見えませんからね。

 自分自身の感覚を研ぎ澄ますことです。

 感じて、考えることです。

 身体とお話しすることです。

 身体に聞いて、そして身体に伝えるのです。

 筋肉をボリュームのある塊だと思わず。

 細い「糸」だと感じ、「糸」の張りの張力を調整して身体を動かす感覚です。

 「糸」は、撓めることなく、常に張りを持ち、コントロールされているのです。

 自分の身体を自分自身がコントロールする・・・

 そんなことは、当然出来てる・・・そうですか?本当にコントロールしてますか?

 一つ一つの動作が、どのような形で空間に存在しているか、『見えていますか?』

 あらゆる角度からカメラで撮られているとして、自分の身体を形を第三者の目で見たように、理解できるか・・・

 ピラティスは、プロポーションを創ります。

 でも、”美”というものは奥行きがあり、形だけではなく、”動作”とした場合、「所作」、あるいは、「さばき」・・・私はこのような言葉が大好きです。『手さばき・足さばき・体さばき』

 ・・・自然に綺麗な動作が繰り出せるようになると、それは『品』になると考えます。
 品のある動き・・・動きから感じさせる、「上品」ですね。

 で、この”上品”に磨きをかけると『格』が出て、『品格』となります。

 当然、「上品」とか、「品格」を感じさせるためには、身体だけにこだわっても不足でしょう。

 知性や感性も、見え隠れするようでなければ・・・

 長そうに見える道のりですが、そうでもないように思えます。

 ”変化する過程も楽しむ”・・それが、加速を生むと思います。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 4日 (月)

月光浴

 パワーストーンをお持ちの皆さん!!

 今夜・明日の夜あたりは、月光浴日和!

 今年最後の満月ですよ!

 月のパワーを頂きましょう!

 直接、月の光が当たらなくても、

 石を表に出して、柔らかな月明かりのシャワーを当ててあげましょう。

 帰宅したら、私も手持ちの石たちをすべてベランダに!

 ブレスレットたち、水晶クラスター、水晶のワンド、アメジストのワンド、
 スモーキー・クオーツのポイント。

 今年もお世話になりました。

 エネルギーを充分に吸収してもらえるように、

 ちょっと長めに(3~4時間)出しておきましょう。

 箪笥の奥にグリッティングしている、シトリンのクラスターも忘れないようにしなければ!

誰も書かなかった!!水晶の秘密―幸運のパワーストーン Book 誰も書かなかった!!水晶の秘密―幸運のパワーストーン

著者:塚田 眞弘
販売元:コスモトゥーワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 3日 (日)

我慢は・・・

 自分を律するために、好きなことに蓋をする・・・

 なんてコトをしていました。

 読んでおいたほうがいい本を優先。

 興味のある本、好きな作家の本は後回し・・・

 何年も続いた習慣。

 でも待てよ・・・

 好奇心に蓋をして、どうして自分が煌いていられる?

 今、好奇心を持っていることは、今吸収したいこと。

 ずいぶん続いた「天邪鬼」

 素直に読みたい本に手を伸ばし始めると、

 すごいスピードで読めるのです。

 3日で2冊のペース。

 もっと早くコレをやらなきゃいけなかった!!

 遅れてきた感動。

 引きずってしまったボキャブラリー。

 インストラクター、アロマセラピストであるより前に、

 イカシタ「オッサン」でなければ!

 それには、中身。

 想い、感性、雰囲気・・・ココら辺りを磨かなくてはね。

風が見ていた〈上〉 Book 風が見ていた〈上〉

著者:岸 惠子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


風が見ていた〈下〉 Book 風が見ていた〈下〉

著者:岸 惠子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 女優としてより、エッセイスト、ジャーナリストとして、私の心に食い込む方です。
 読んで心地よい文章。
 この方の本に出会わなければ、「エレガント」 「エスプリ」なんていう言葉は、私からはとんでもない距離のままだったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

知っていた方がいいコト

 ここのところ。更新をサボり気味でした。

 これには、私なりの訳があって・・・
 それは、昨今のニュース。
 今に始まったことじゃないのですが、釈然としない思いにされるようなものが氾濫されています。

 別に、気にしなければ、それですむこと。
 だけど、今回は、私自身が咀嚼するのにちょっと時間がかかってしまったのです。

 世の中を見渡してみると、間尺に合わないことが沢山。
 いじめ、虐待、自民党(復党問題・郵政問題)、イラク、北朝鮮・・・まだまだ・・

 今日のブログは脈絡無く、私の「?」のはけ口にさせてください。
 そして、もし出来たら、私の「?」について、解答・御意見を頂きたく、お願いします。

 ○自民党(復党問題・郵政問題)
 政治家に矜持というものがまったく無くなったという色見本。前回の選挙はなんだったのでしょうか。選挙民をなめています。恥の上塗りですね。こんな政治家がリーダーシップを取る世の中。シラケます。政治に期待するなんて、出来ないでしょう。
 政策より、生き方ですよね。”オネスト”を感じません。

 郵政問題は、サービスの地域格差などが声高に言われますが、本当にそうですか?
 それよりも、”お金”ですよね。否応無く市場に流れるであろう、郵貯の300兆円のお金。

 金融の自由化は、これらのお金を、国内の金融機関が狙うばかりではなく、欧米の期間も当然狙っているでしょう。
 欧米の金融機関は、来年の10月、ゲートが開くのを待ち構えていることでしょう。
 郵政民営化は、それに対する道を、舗装してあげたように思えます。

 もちろん、ユーロよりドルのパワーが強く働くことは間違いないでしょうね。

 ○イラク
 なんでブッシュはイラクを攻撃したのか?・・・
 一つの要因として、中東でただ一国、イラク(サダム・フセイン)が、石油の決済をドルからユーロにする・・と言ったから。(?!)
 だから、捻り潰した?
 現政権は、アメリカの傀儡政権だから、石油の決済は当然ドルに戻るでしょう。

 イラクから、各国の軍隊が帰って行きますが、アメリカは当然最後になります。イラクの石油の利権は当然アメリカが握るのでしょう。

 親米のクウェート、サウジアラビアも安心できないですね。
 「あのイラクで」女性議員が発言するようになったのです!!

 イラクより、はるかに豊かなクウェート、サウジアラビアで女性の議員は???
 そして、イラクの女性議員の発言の様子は、衛星テレビで、もちろん見ることができるのです。

 これらの国で、もし、”アメリカ”タイプの民主政治が求められるようになったら・・・

 きっと、クウェート、サウジアラビアは影でイスラム原理主義の行動グループに、大量の資金を出していることでしょう。

 ○北朝鮮
 核を持ったという、金という独裁者を、フセインのように捻り潰さないのは何故?
 きっと、イラクより簡単に潰すことが出来るのではないでしょうか?
 イラクは、「大量破壊兵器は無い。」と言っていて、未だに見つからず、ブレアは英国議会で糾弾されたでしょう。アメリカも中間選挙で共和党は、このイラク問題が躓きのもとでもあったでしょう。

 「核を持った。さらに実験を続ける。」って言っている国に対して、この二つの国に対する対応の違いはなんでしょう?北朝鮮では、確実に国民が疲弊しているのです。人間の尊厳を損なう政治が行われているのです。アメリカが声高に非難するようなことが行われているのに・・・

 北朝鮮には”石油”という資源が無いから?
 ドルを稼ぐ要素が薄いから?

 ミサイル防衛網を作りたいから?・・・コレは、背後の中国・ロシアへの威嚇にもなりえるし・・・
 軍需産業を守ることが大切なのか・・・(すでに予算は組まれているし。)

 ドルは世界の基軸通貨。
 でもユーロ参加国はどんどん増えていきます。ドルが安くなる?

 世界中での決済がドルになると、貿易黒字国は、蓄えたドルを運用に回さなくてはいけないから、「アメリカ国債」を買う。
 アメリカ国民の借金の整理がつく・・・
 アメリカより貧しい国が、豊かなアメリカの借金を背負ってあげる。
 ・・・そんなの嫌だから、ユーロに加盟したい国が増えるのは、至極当然。

 日本が、貿易決済を「円」にしてくれ!ってアメリカに言ったら?
 日本が、アメリカ国債の清算を一部でも求めたら?

 そんな中で生きていく私たちには、見過ごしてはいけないこともあるわけです。
 遠い異空間の話に聞こえるようで、実は密接かもしれません。

 上手く立ち回り、自分と家族を守る知恵を付けなくてはいけません。
 アンテナを伸ばしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »