« 目線 | トップページ | 野田 »

2006年11月 3日 (金)

連休前

 明日から三連休ですね。
 帰りの電車は、いつもの木曜日とは違って、とても混雑していました。
 もっとも、山の手も京浜東北も、しばらく止まっていたようですが・・・

 インストラクターなんて仕事は、人が休んでいるときに頑張らなきゃいけないので、例によって、この連休も仕事です。
 たいていのインストラクターは、休みを決めていますが、私は作らないと休みはナシ。

 今夜のレッスンにきたNさんは、明日からNY!
 日曜日のニューヨーク・シティー・マラソンに出場です。

 いいな、ニューヨーク・・・

 どこかに行きたい病です。

 しばらくの間、海を越えていません。
 旅好きの虫を、良くぞココまで抑えたもんです。

 火曜日に、日光に行ったじゃないですか。
 そこで、空気に心も身体も綺麗に洗われたように思えます。
 やっぱり人間、綺麗な空気、綺麗な水、綺麗な土に接してないとダメです。

 「街に住んで、たまに田舎に。」って人はケッコウ多いでしょ?ウチのカミサンもそのタイプです。シティー・ガールなの。
 でも、私は違いますね。田舎にいて、たまに街にでる。・・・これでいいです。

 綺麗な空気に包まれて、コンフォートゾーンを犯されず。テンポも自分のテンポで歩けて・・・なんて思っていますが、田舎に行って、自分の仕事は出来るのか??

 生活と理想を結びつけるロープを見つけなくてはいけません。

 私の人生改造計画は、上手く成功できるでしょうか?

 たいした、才能も無く、財産も資産も無い。
 あるのは理想像だけ。
 夢見心地じゃぁ何も変わりません。

 きょうは思い切って一歩踏み出してみたのです。
 さて、変化は訪れるでしょうか?

 素敵な生き方をしてる人は、意外と多いかも?

イタリア人の働き方 Book イタリア人の働き方

著者:内田 洋子,シルヴィオ・ピエールサンティ
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 かなり、お勧めの一冊。
 連休にどうぞ。
 私は何回も読み返してしまっています。

|

« 目線 | トップページ | 野田 »

コメント

Mattさん
イタリア人の働き方の内容ってどんな感じですか?
興味深々です(笑)
暮らしていると、基本的にバカンスを楽しむために働いているとしか思えないのですが・・・
おまけに人が見てないと、口ばかり動いて手が止まっているし・・・(苦笑)
責任感もないので、何か問題が起こるとみんなの口癖は
”自分のせいじゃないわよ・・”

これで成り立っているからいいよなぁ~。日本だったら始末書書かされたり、人事異動にあったり、それなりのお仕置きがまっているもんなぁ。

奥様は町に住んで時折田舎がお好みなんですね。
私も昔はそのほうが良かったのですが、イタリアに来て感覚が変わって、今は人口1万人ほどの近郊の町ですが、結構満喫してますよっ。車を5分走らせればオリーブ畑やブドウ畑が広がる丘陵地で、田舎でもなんだか絵になるんですよね~。
これだけはイタリアにいる特権かも。。(あとはたいへんなことばかですが・・・)

投稿: Aya | 2006年11月 3日 (金) 18時56分

AYAさん。
この本読んで!!
これはね、イタリア人に対するステレオタイプの見方が変わる本です。自転車のコルナゴや、カシミア・セーターのクチネッリなどなど、素敵な人がいっぱい出てきます。素敵な生き方!
会って見たくなるような人が沢山いますよ。
一番最後に出てくるのは、カトリックのお坊さん。この人の仕事は、バチカンの認定を請けている、「エクソシスト」そう、悪魔祓!!

イタリア人だからって、チャランポランな人ばかりじゃないんですよね。
”オンリー・ワン”を極めている人たちの仕事と人生です。

ウチのカミサンは、例えば綺麗な渓谷に行ったとしましょう。
「車をココに止めて、上まで歩いてみようよ。」って誘ったとします。すると・・・
「じゃぁ、私先に行って上で待っててあげるから、ゆっくり歩いてきてね。」って人です。
笑えるでしょ?!

投稿: masato | 2006年11月 3日 (金) 22時02分

なるほど~。職人系のお仕事ですね。
そう、イタリア人の大半はいかに楽して金儲けしようか思ってますが、職人の人の仕事での思いいれとかは凄い!
私も食の職人さんとの交流が多いのですが、こだわりが違いますっ。みんんながこんなんだとイタリアも凄く面白い国なんですけど・・・
奥様のイメージ、なんとなく分かりました(笑)
うちのダンナに近いかも(爆)

投稿: Aya | 2006年11月 4日 (土) 00時57分

AYAさん。
半端じゃない思い入れです。
儲けとかじゃないんですよね。
「自分が見れるのはココまでだから、どんなに待ってる人がいても、ここまでしか作らない。」・・・みたいな。
それは、”製品”を超えて”作品”って感じですからね。

投稿: masato | 2006年11月 4日 (土) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166751/4046261

この記事へのトラックバック一覧です: 連休前:

« 目線 | トップページ | 野田 »