« 野田 | トップページ | 冷たい雨 »

2006年10月22日 (日)

秋の香りは・・・

 仕事からの帰り、武蔵浦和の駅を出ると、小糠雨。風に細かい雨が流されてくるようです。
 雨のたびに寒さが近づいてくるのでしょうね。

 10月も半ばを過ぎて、まだ日によっては半袖のTシャツでも大丈夫。って暖かさはちょっと異常?

 我が家では、随分長い間、涼しさを演出する香りとして、ライム、レモン、ペパーミントに活躍してもらっています。

 そろそろ香りの模様替えをしてもよさそうですね。

 暖かさを演出する香りって、そのままちょっとアレンジをすると、クリスマスのリースなどに使えて、お洒落な感じがします。
 夏の爽やかの香りよりも、濃厚な香りでも受け入れられるような気がします。

 さて、我が家のこの秋冬の香りは・・・・

 まず、オレンジスウィート。これは冬の定番!暖かみと安心感。鎮静効果もあり。消化器系によし。殺菌効果もありですから、玄関への香り付けとしていいですね。

 去年使っていたオレガノ・・・この精油の殺菌効果は只者じゃないのですが、今年はちょっと変えてみましょうか。

 バニラなんかをブレンドしてみましょうか。ほんのり甘みのある香り。加温効果ありですね。

 ということで、玄関には、オレンジとバニラ。
 これでは甘すぎるかな?

 クリスマスのリースには、これにベルガモットとフランキンセンス。サンダルウッドを足すかどうか??迷いますね。(贅沢な悩み!フッフッフッ)

 夏の間、私の香りは、ライムとプチグレンと決めています。
 この二つの香りが大好き!!

 でも、ちょっとこの秋冬は挑戦してみようかと思っています。
 最近買った、ヒノキを使ってみよう・・・

 男っぽい、バルサム系(バルサンじゃなくて!)森を感じさせるような香り。
 似合うかどうかは、まぁまぁ・・・

 あわせるなら、レモンかグレープフルーツ。パチェーリなんかもいいかな。

 なんて楽しみも、アロマセラピーと出会えたから。
 香りを生活に取り入れると、お洒落度はかなり上昇しますよ。

 これから冬になると、空気が乾き、呼吸器感染症にも気をつけなくてはいけません。
 そんなときにも精油が守ってくれます。

 今度は、風邪の予防について、お知らせしましょうね。

暮らしの中のアロマセラピー―エッセンシャルオイルを生活の中で最大限に活かす為のガイド Book 暮らしの中のアロマセラピー―エッセンシャルオイルを生活の中で最大限に活かす為のガイド

著者:ヴェロニカ シブリー
販売元:産調出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 野田 | トップページ | 冷たい雨 »

コメント

日本はまだ暖かいんですね~。
香りを楽しむのっていいですよねっ。
私の一番お好みはベルガモット。イタリアは産地だけに結構安くで手に入るのも魅力ですっ。
サンダルウッドも好きです。

庭にそのうちベルガモットの木を植えようと思っているのですが、なかなかいい苗木が見つからずっ。

脱線しますが、あるイタリア人いわく、ベルガモットと柚子はとても近い品種だというのですが、どうなんでしょ??見た目はぜんぜん違うんですけど??

投稿: Aya | 2006年10月23日 (月) 17時49分

AYAさん。

こんばんは。
今日のさいたまは、冷たい雨。冬が一歩、大またで近づいたようで、ジャケットが必要でした。

そうそう、ベルガモからきているベルガモットですものね。果皮からとられるのにフローラルな香り。
バランスをとる精油です。ブレンドに使うと、合わせる精油の効果を引き上げます。
鎮静効果と高揚効果をあわせ持っていて、香りを嗅いだ人の第一印象で左右しますね。

もう一つ、ネロリもミカン科でイタリア発祥の精油。オレンジフラワーから取られる精油はとても高価。イタリアの都市国家、ネロリ公国からきています。

柚ですか?橙に近いかもしれませんね。
調べてみましょう。

(ベルガモットは熟しても、苦くて酸っぱすぎて、食べられないそうですが・・・もっぱら観賞用だそうです。)

投稿: masato | 2006年10月23日 (月) 22時28分

ベルガモットは去年まで中村がプレーしていたレッジョカラブリアの特産なのですが、イタリアでは食用でもいくつか食材があるのをご存知ですか?
皮の部分でリキュール作ったり、マーマレード作ったり出来るんですよっ。
あとはオレンジピールのようにベルガモットピールがあり、クリスマスのお菓子、パネットーネなどに入っています。
私が植えたいのはベルガモットリキュールを作るため!
後はフレッシュな皮の部分で香りを楽しめるかためしてみたいんですが、そうでしょう??

投稿: Aya | 2006年10月24日 (火) 04時07分

AYAさん。
そうですね。生食には向かないということで、料理には使われていますね。
橙の近縁種だそうです。
果皮から取られるオイルなので、もちろん皮から香りを楽しめますよ。ミカン科の果皮から取られる精油はみんな圧搾法でとられます。
子供の頃、みかんの皮を妹の顔に近づけて、軽く絞ると霧のようにシュッと飛ぶでしょ。それが精油なんです。
ベルガモットの精油は、有名なオーデコロン、「ボトル4711」にも使われているそうですよ。

投稿: masato | 2006年10月24日 (火) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166751/3921704

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の香りは・・・:

» 筋肉痛に良いアロマテラピー [ノルディックウォーキング・ネットワーク]
今日は、アロマとヨガの講習に行ってきました。 (こうやって風邪治ったと調子に乗ってすぐ行動を開始するからなかなかちゃんと治らないのだろうなぁ、とは思いつつも・・・) 生活に取り入れられるアロマテラピーをいくつか学んできました。 毛細血管をひろげるマージ....... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 01時30分

» アロマセラピー [ヒーリングでいこう]
アロマセラピーについてちょっと調べてみました! [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 23時25分

« 野田 | トップページ | 冷たい雨 »